News
PCの画面を見て笑っている美人

サイトを運用する場合には、必ずといっていいほど同ジャンルのコンテンツを扱う競合サイトが存在します。実際にGoogleなどの検索エンジンで自分のサイトで扱うコンテンツの関連キーワードで検索をすると、多くの競合サイトがヒットします。検索エンジンを利用するユーザーは上位に表示されたURLから順番にアクセスをする場合がほとんどなので、アクセス数を稼ぐためには検索順位を上げるSEO対策が必須です。検索順位は多くの要因によって決定されるので、どのような改善をすればSEOに効果的なのかを調べることが大切です。

競合サイト競合サイトとは、同じキーワードでヒットする他サイトのことです。流入増加のためには、検索順位を上げるSEO対策が求められます。検索順位を上げるためにできることとして、利用者が求めている情報を提供することやユーザービリティを向上させて使いやすくする方法があります。多くの競合サイトがヒットするようなジャンルを扱う場合、ほんの僅かな違いでも検索順位に大きな影響を及ぼす可能性があります。

情報量ユーザーは特定の情報を知りたいと思ってアクセスをするので、ユーザーが求めるような情報が得られるようにコンテンツを充実させることが大切です。効果的にコンテンツを充実させるためには、多くのユーザーが知りたいと思っている情報を調査・分析する必要があります。ユーザーのニーズを調査するために、共起語分析をすることができます。

一般的に何かの情報を調べる目的で検索エンジンを利用する場合、キーワードとして複数の単語を入力します。例えば仮想通貨(ビットコイン)の仕組みを調べたい場合には、ビットコイン+仕組みの2つの単語を入力します。この場合はメインのキーワードが“ビットコイン”で、”仕組み”が共起語です。メインワードと一緒に入力される頻度の高い共起語に関連する情報を充実させれば、効率的にアクセス数を稼ぐことができます。

サイトの使いやすさ分野に関係なく、一般的にサイトを運用する場合にはユーザービリティ(使い易さ)を向上させることが大切です。ユーザーが検索結果に表示されたサイトにアクセスしても、内部構造が複雑で使いにくければすぐに離脱してしまう恐れがあります。訪問者が使いやすいように内部構造を改善することで、アクセス数を増加させることができるでしょう。検索結果にヒットしたサイトにアクセスをする場合に、モバイル機器や遅い回線を利用していて表示速度が遅いと諦めて画面を閉じてしまう恐れがあります。検索エンジンからの流入増加のためには、1ページあたりのデータサイズを減らしてアクセス時間を短縮することができます。