• ホーム
  • オールドドメインで競合サイトを突き放す!

オールドドメインで競合サイトを突き放す!

色々なSNSのアイコン

競合サイトよりも検索上位に表示されるためのSEO対策の基本は、コンテンツを充実させることやサイト・ページ構成を改善させることです。
記事の内容や使いやすいページ・サイト作成などの内部対策を尽くして質を向上させたとしても、競合サイトと同レベルであれば検索順位を大きく上げることができない場合があります。
考えられる内部対策を全部施しても思うように検索順位が上がらない場合、ドメインパワー(ドメイン名のブランド力)の差が原因である可能性が考えられます。

SEO対策のために手を尽くしても競合サイトに勝てない場合は、ドメインパワーの高い中古ドメイン(オールドドメイン)に乗り換える方法があります。
オールドドメインの文字列は自由に選べないというデメリットがありますが、過去の運用履歴によっては新規ドメインを取得する場合よりも有利に働きます。

既にクローラーが巡回している新規ドメイン名を登録してサイトを設置しても、検索エンジンの結果にすぐに反映されるわけではありません。
検索エンジンのプログラムがサイトをクロールしてインデックスが作成されるまでに、数週間~3ヶ月を要するからです。
中古ドメインであれば過去のページが既にクロールされてインデックスが存在するので、サイトを設置した直後でも検索結果に表示されます。

上位表示されやすい過去の運用履歴によっては、中古ドメインの評価(ドメインパワー)が高い場合があります。
スタート時点で既に質の高いサイトとして登録されていると、検索結果で上位表示されやすくなるというメリットがあります。
一般的に新規にドメインを取得してから上位表示させるためには、長い時間をかけてSEO対策をしてサイトの評価を高めなければなりません。
中古ドメインを活用すると、サイトの評価を高めるための時間が大幅に短縮できます。

SEOに有利SEOの手法は、内部対策と外部対策の2つに分けることができます。
外部対策として、外部サイトに良質の被リンクが作成されるようにする方法があります。
コンテンツの充実やページファイルの改善などの内部対策は短時間でできますが、外部対策のために被リンクを獲得するためにはある程度の期間を要します。
中古ドメインの中には過去に運用されていたページに対する被リンクが存在している場合があるので、外部対策の手間と時間を省くことができます。

過去に運用されていたサイトの被リンクを利用するためには、自分のサイトと同ジャンルのコンテンツが扱われていた中古ドメインを使用する必要があります。
コンテンツのジャンルを合わせようとするとドメイン名を自由に選べないというデメリットがありますが、SEOに有利であることを考慮すれば中古ドメインを利用する価値があるといえるでしょう。