• ホーム
  • リスティング広告で確実に上位表示!

リスティング広告で確実に上位表示!

wwwをクリックするアイコン

アフィリエイトサイトや通販サイトを運営する際に収益を上げるためには、多くのPV数を獲得する必要があります。検索結果の上位に自社サイトが表示されたほうが、多くのアクセス数を稼ぐのに有利です。検索結果の上位に表示されるようにするためには、時間や手間をかけてSEO対策をおこなう必要があります。

SEO対策をしなくても、リスティング広告を出稿することで画面の一番上に自社サイトを表示させることが可能です。リスティング広告とは、関連キーワードで検索が行われた場合にのみ検索結果の上に表示される短い広告文とURLのことです。リスティング広告はクリック回数に応じて広告料が発生する課金制で、画面に広告文が表示されてもクリックされなければ費用は発生しません。

リスティング広告の大きなメリットは、検索キーワードに連動して表示されることです。複数の他社広告と一緒に表示される場合は、入札価格によって表示順位をコントロールすることができます。競合相手が少ない分野であれば、少ない費用で済みます。競合相手が多くても入札価格によって表示順位をコントロールできるので、面倒なSEO対策は不要です。キーワードと連動しているので、ある特定の情報を知りたい人に対してのみ宣伝をすることができるので効率的です。

商品やサービスの紹介文と一緒に広告を掲載したページを作成しておいて、リスティング広告のURLに登録をしておきます。短い広告文を登録して一定のアクセス数が得られたら、商品やサービスが売れて収入が入る仕組みです。出稿料はクリック回数に応じた課金制なので、初期費用が少なくて済みます。表示させるページを作成する必要がありますが、SEO対策をしなくても検索結果の画面にページへのリンクを表示させることができるというメリットがあります。

リスティング広告を利用して収益を得る場合には、検索ワードのデータ分析を行った上で短い広告文を作成することが大切です。キーワードのデータ分析結果に基づいて、見出し文(15文字以内)と広告文(40文字)を作成するだけです。クリック率やコンバージョン率などのデータを見ながら、見出しと広告文を改善することができます。

最近は広告を表示させなくするためのブラウザのアドオンツール(広告ブロック機能)を利用する人が増えているので、注意が必要です。広告ブロック機能を有効にしたブラウザを利用すると、検索結果の一覧にリスティング広告が表示されなくなります。広告ブロック機能のアドオンツールが普及すると、リスティング広告で収益を得にくくなるというデメリットがあります。