• ホーム
  • 医療系ジャンルの扱いは慎重に!

医療系ジャンルの扱いは慎重に!

Googleではプログラムが自動的に各サイト・ページの評価を行い、高品質と判断された順番に検索結果が表示される仕組みです。ある特定のジャンルを扱う記事は、内容の信頼性や正確性を重視して判断が行われるようにプログラムが改良されています。

Googleの検索品質評価ガイドラインを見ると、コンテンツの内容が重要視される分野とは、お金や生活関連のトピックを扱う記事であることがわかります。お金や生活関連のトピックは、YourMoneyorYourLifeの頭文字を取ってYMYLと呼ばれています。生活関連のトピックには、医療や食事に関係するコンテンツが含まれます。特に医療系の記事についてはユーザーの生命に関わる場合があるので、コンテンツの内容が重要視されています。

Googleの検索品質評価ガイドラインでは、YMYL記事で高品質なコンテンツとみなされるためのポイントが明示されています。高品質なコンテンツにするために求められるのは、専門性・権威性・信用性の3つの要素です。これら3つの要素はExpertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信用性)の頭文字から、E-A-Tと呼ばれています。医薬品・健康食品・医療サービスなどの医療系ジャンルを扱う記事を作成する場合には、E-A-Tを強く意識したSEO対策が求められます。

E-A-T対策をする方法ですが、例えば医薬品や健康食品などの効果を紹介する場合には科学的な根拠を示す必要があります。情報の出所(出典)を明示したり、記事の内容は専門的な知識を持つ権威者の意見や信用性の高い研究報告などに基づいていることが求められます。

医療系ジャンルを扱うページで信憑性の低い情報が含まれていると、低品質と判断されて検索順位が下げられてしまう恐れがあるので注意が必要です。例えば健康食品(サプリメント)の販売サイトで、あたかも特定の病気や症状に効果があるような宣伝文句が使用されるケースを仮定します。信憑性が低い情報が扱われているこの販売サイトは、評価が下げられたりペナルティに登録される可能性があります。自分のアフィリエイトサイトで健康食品の販売サイト内に含まれる信憑性の低い宣伝文句を引用して商品の紹介をすると、低品位と判断されたりペナルティに登録されてしまう恐れがあるので要注意です。

医療系のコンテンツを扱うページは、他のジャンルよりも信頼性が厳しくチェックされます。アフィリエイトサイトで医療系のコンテンツを扱うことは可能ですが、他のジャンルを扱う記事よりも慎重さが求められるので注意しましょう。